小説「機動戦士ガンダム」 アムロとセイラの夜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あーりーです。

ガンダムが好きです。

このブログでは、小説「機動戦士ガンダム」の感想を1章ずつ、すべて書いています。

全体のもくじはこちら

さて。

今回は第2巻のパート12「人たち」について。

機動戦士ガンダム〈2〉 (角川文庫―スニーカー文庫)

ネタバレもあるので、あまり内容を知りたくない方はこれ以上ご覧にならないでくださいね。

では。

いきますね。

パート12「人たち」。

この章の事件(?)は、何といってもアムロとセイラさんが一夜を共にすることです。

スポンサーリンク

アムロとセイラの夜

メガハウス エクセレントモデル RAHDXG.A.NEO 機動戦士ガンダム セイラ・マス 約1/8スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア
メガハウス エクセレントモデル RAHDXG.A.NEO 機動戦士ガンダム セイラ・マス 約1/8スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア

ぼくらはアニメのガンダムを見て、アムロがセイラさんに特別な感情を抱いていたことを知っていますよね。(あとマチルダさん。あとララァ)

アニメとは違う2人の関係

この章では、アムロの想いが実ってセイラさんと過ごすことができます。

これは子どもの頃からガンダムを見て育ったぼくらにとっては、びっくりするシーンでした。アニメと小説のちがいを挙げるときに、かならずといっていいほど触れられる場面です。

すれ違い

このシーン。

かならずしもハッピーなシーンではないんです。

2人はギクシャクしてしまいます。

シャアを倒して!

セイラさんはアムロと寝たあと、シャア(兄)を倒して欲しいとアムロにお願いします。

アムロは「それで僕と寝たんですか!?」とショックを受けます。セイラさんはシャアを倒してほしいから自分に近づいてきたのだろうか、と考えるんです。

セイラはそれを否定します。

「そう思われても仕方ないわ。でもね、アムロ。あなたと話ができるチャンスなんて少ないわ。だから、全部を話そうとすると、こう、なんでもかんでも一緒の時になるわ。そうしたら、あなたに誤解される。……違うのよ!」

アムロはエースパイロットで忙しいから、セイラがアムロと過ごそうとすると、一夜を共にするのも打倒シャアをお願いするのも一緒のときになる、という言い分です。

アニメでは見せない一面

こういう会話がアムロとセイラさんの間で交わされていることが、小説ならではの新鮮味ですよね。

こんなふうに、小説のガンダムではアニメでおなじみの登場人物たちがアニメでは見せない一面や関係性を見せてくれるのがおもしろいです。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

もしよろしければ、ほかの章の感想はこちらからご覧いただけます。

小説「機動戦士ガンダム」の見どころ トップページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする