ポケット・ジョーク 第5弾 ブラックユーモア編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

角川文庫の『ポケット・ジョーク (5) ブラックユーモア』。ポケットジョークシリーズの第5弾です。

ポケット・ジョーク (5) ブラックユーモア (角川文庫)

今ぼくの手元にあるこの本はずいぶんボロボロで黄ばんでいます。いつどこで手に入れたのか、もう忘れてしまいました。これはシリーズの第5弾で、ブラックユーモアをテーマにしたものです。第1弾から第4弾までは持っていませんし、読んだこともありません。なぜか第5弾だけがうちにあります。きっとどこかの古本屋さんで買ったんだと思います。

短いジョーク、小話がたくさん載っています。

掲載できそうなソフトなものをご紹介しますね。

以下引用↓

「奥さま」未亡人のジュディが隣のピーコック夫人に苦情を言った。
「再々おたくの息子さんに言っているんですけど、いいかげんわたしの後を追いまわすのやめさせてくださいな」
「わたしも、息子には何度も言っているんですよ。いいかげん悪趣味をやめるようにって」

引用おわり。

もう一つ。ブログに載せられそうなソフトなところではこんなのもあります。

以下引用↓

「昨夜おまえがキスしていた男の名前は何と言うんだい、娘よ」
「何時頃のこと? パパ」

引用おわり。

ほかのジョークは掲載するのがはばかられるので、このくらいにしておきます。

短くてドぎついジョークがたくさん読めます。脳のリフレッシュや気分転換に良いですね。ひさしぶりに読み返してみると、まったくと言っていいほど覚えてないので、初見のように楽しめています。

ポケット・ジョーク (5) ブラックユーモア (角川文庫)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク