小説版「ガンダム」 ギレン少年に遊んでもらった幼いシャア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小説「機動戦士ガンダム」。

第2巻パート10 のタイトルは「クスコ・アル」です。

機動戦士ガンダム〈2〉 (角川文庫―スニーカー文庫)

クスコ・アルは、ジオン公国軍の女性兵士の名前です。

小説オリジナルの登場人物ですね。

スポンサーリンク

ジオンの船に救出されるアムロ

前回「脱出」で、崩壊するテキサス・コロニーから脱出したアムロ。

彼を救ってくれたのは敵国ジオンの船でした。

といっても、建前上はジオンの船ではなく、中立コロニー・サイド6に属する船です。サイド6は中立の立場をとっています。でも、現在の政権はどちらかというとジオン寄りです。アムロも「敵性艦」の匂いを感じとります。しかもジオンのニュータイプ女性、クスコ・アルも乗っています。

建前は中立でも、なんとなくジオンの匂いがする船なんです。

ジオン色の強い船に救出されてしまって、アムロは一体どうなってしまうのか。っていうアニメにはないドキドキの展開が見どころです。

クスコ・アルという女性

アムロを救出した船「カセッタ」には、クスコ・アルという女性が乗っています。あとでわかることですが、彼女はジオンのニュータイプです。ララァ亡き後のエルメスに乗ります。(ララァは1巻で亡くなっています

クスコ・アルの描かれ方はのびのびしています。アニメをなぞっていた1巻に比べて、この2巻は、さあ!ここからはどう書こうと自由だ!という、のびのびした雰囲気があります。少なくともぼくはそう感じました。

クスコ・アルは小説オリジナルの登場人物です。彼女をどう書こうと自由なんです。彼女にはきめ細かい存在感があります。著者がクスコ・アルを描くことを楽しんでいるような、そういう深みがあります。

ギレン少年に遊んでもらったシャア

シャアは養父ジンバ・ラルから「小さい頃にギレン、ドズル、キシリアらには遊んでもらったことがある」と教えられたそうです。

だから顔を見られないためにマスクをしている、っていう話ですよね。

それにしても、シャアはあのギレンにも遊んでもらったことがあるんですね。キシリアはともかく。ドズルも陽気だから想像ができます。ギレンとは…。

一年戦争の時点でシャアは20歳。ギレンは35歳です。年の差は15歳。シャアが何歳のときに遊んでもらったのか、小説には今のところ正確な年齢は出てきていませんけど、シャアがギレンに遊んでもらっているところを想像すると、ちょっと不思議でおもしろいですね。

以上、小説「機動戦士ガンダム」第2巻のパート10「クスコ・アル」の見どころでした。

小説「機動戦士ガンダム」の見どころ トップページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする