小説「機動戦士ガンダム」2巻 アニメとは違う新展開へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

小説「機動戦士ガンダム」の見どころをまとめています。

小説「機動戦士ガンダム」の見どころ トップページはこちら

さ~て。

いよいよ第2巻です。

機動戦士ガンダム〈2〉 (角川文庫―スニーカー文庫)

第2巻の第1章は、パート9「脱出」です。

いきなりパート9です。これは1巻からの連番です。

スポンサーリンク

「脱出」というタイトル

この章のタイトルは「脱出」です。

これはアニメの最終回(第43話)のタイトルと同じですね。アニメでは、ジオンの宇宙要塞ア・バオア・クーからの脱出でした。

小説では、このときの戦いの舞台がテキサス・コロニーなので、テキサス・コロニーからの脱出を意味します。

テキサス・コロニーからの脱出

小説では、テキサス・コロニーの戦いが、アニメのア・バオア・クーの戦いに匹敵する一つのクライマックスなんです。この戦いでアムロは、ペガサス(ホワイトベース)のみんなとはぐれながらも、命からがらコア・ファイターで脱出します。

ララァの夢 母の夢

アニメの最終回。

ラストシーンでアムロは、すぐにホワイトベースのみんなと合流しましたよね。

小説は違います。

脱出のあと、しばらくの間、アムロは誰にも発見されずに宇宙をさまよいます。アムロは混濁する意識の中でララァのことを考えます。母のことを考えます。夢を見ていたのかも知れません。

小説が生まれ変わる

夢とも思考ともつかないような時間をアムロは漂います。

この時間で、アムロが生まれ変わったような気がするんです。アムロが生まれ変わったというか、もっと言えば、この小説が生まれ変わったというか。

新生「機動戦士ガンダム」

これまでアニメをなぞっていたストーリー展開が、小説オリジナルのストーリー展開へと生まれ変わります。

アムロが宇宙を漂っていた時間は、小説が生まれ変わるための産道なんです。

ここから新生「機動戦士ガンダム」が始まる。そんな予感に満ちた章です。

以上、第2巻のパート9「脱出」の見どころでした。

小説「機動戦士ガンダム」の見どころ トップページ

PR

ブログランキング ブログ村に参加しました! よろしければ応援クリックお願いいたします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

ブログランキング・にほんブログ村へ

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

スポンサーリンク