小説版「ガンダム」 シャアの額の傷は自分でつけたもの

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小説「機動戦士ガンダム」もアニメに負けずおもしろいです。

今回は、第1巻のパート5「ジオン」をご紹介します。

機動戦士ガンダム〈1〉 (角川文庫―スニーカー文庫)

章のタイトルが「ジオン」というだけあって、見どころもジオン寄りです。

スポンサーリンク

ギレンの演説

ギレン・ザビがガルマの国葬で演説します。あの有名な演説です。アニメ版とはちょっと内容が違うので、小説版ギレンの演説を味わえます。

食堂で「坊やだからさ」

ガルマの国葬演説といえば、シャアの「坊やだからさ」も付き物です。アニメでは、シャアはこの演説をバーで一人で聞いています。そしてギレンの「ガルマ・ザビは死んだ。なぜだ?」に合いの手を入れて「坊やだからさ」とつぶやきます。

小説はちょっと違います。シャアはこの演説を食堂でララァと二人で聞いています。合いの手の「坊やだからさ」は健在です。

シャアの額の傷はガルマのせい

アニメでは、シャアの額の傷はア・バオア・クーでアムロとフェンシングをしたときにできたものですよね。でも小説では、その前からすでに傷があります。

シャアがララァと食堂で会話するシーンで、シャアはマスクを取ります。すると額に傷が。傷のことを聞かれてシャアは「士官学校時代に、ガルマ・ザビという男とフェンシングの試合をやって」と、ララァに説明します。でもそれはウソでした。本当は…。

自分でつけた誓いの傷

シャアの額の傷は、士官学校に入る前に自分でつけたものでした。引用します⇒「将来、ザビ家に近づいた時、素顔をみせないために作ったのである。醜い傷でもあれば、父の面影の人相も消えるだろうし、マスクもかけられるだろうと思ってつけた誓いの傷なのである」。これが小説版の設定です。

以上。

小説「機動戦士ガンダム」第1巻、パート5「ジオン」の見どころでした。

小説「機動戦士ガンダム」の見どころ トップページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする