小説版「ガンダム」 フラウ・ボウが車の整備士を目指す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

あーりーです。

小説「機動戦士ガンダム」第1巻、パート4(第4章)のタイトルは「ニュータイプ」です。

この章では…

マチルダ中尉が初登場したり、アムロたちペガサス(ホワイトベース)のクルーが昇進して第十三独立部隊になったりします。

スポンサーリンク

ワッケイン司令は詩人

連邦軍のワッケイン司令。彼は詩人なんです。比喩ではなく、本当に詩人なんです。

「ルナツー・ニュース」という新聞に、ワッケイン司令が書いた詩の評論が載ったことがあるみたいです。意外な一面です。

そういえばワッケインの「寒い時代だとは思わんか」という名言はどこか詩的ですね。

ジオンに兵なし

レビル将軍の有名な演説といえば「ジオンに兵なし」です。

その演説が3ページ近くにわたって載っています。

内容をざっくり言うと、ギレンを痛烈に批判しながら「ジオンは強がってるけど、もう戦力がないよ。連邦のみんな、がんばろー!」というものです。

スポンサーリンク

フラウ・ボウが車の整備士を目指す

軍も民間も慢性的な人手不足です。

兼任、兼務はあたりまえ。一人であらゆる仕事をこなさなくてはいけません。

アムロたちはパイロットですが、同時にモビルスーツの整備もやります。

フラウ・ボウも「車の整備士の免許をとるわ」と言い出します。

自分の仕事はコレだからコレだけやっていればいい、という状況ではないんです。そのへんの泥臭さがリアルで、自分もちょっとだけ頑張ろうって思います。

以上。

小説「機動戦士ガンダム」第1巻、パート4「ニュータイプ」の見どころでした。

小説「機動戦士ガンダム」の見どころ トップページ

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ