孫子の兵法 周王朝の太公望呂尚

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

古典の名作『孫子の兵法』のゆる~い現代語訳を書いています。今回がラスト。用間編その6です。

現代語訳のもくじは孫子の兵法トップページをご覧ください。

では最後の訳です↓

スポンサーリンク

用間編 その6

どうも。孫子です。

むかし、中国に「殷」(いん)という王朝がありました。

この「殷」が興ったときもスパイが活躍したんですよ。

伊尹(いいん)という人物がスパイとして敵国の「夏」に潜入したんです。

「殷」のつぎに栄えたのは「周」という王朝です。

このときは「周」の呂牙(太公望呂尚)という人物が、敵国の「殷」に潜入しました。

こんなふうに、スパイ活動は歴史上、とても重要なんです。

名君や名将はすぐれた知性でスパイを用いて、かならず大きな成果をおさめます。

スパイのもたらす情報はとても大切です。

全軍はこれをもとに動きます。

これで兵法の話を終わります。

おしまい。

孫子の兵法 わかりやすい現代語訳 トップページ