孫子の兵法 失った命は戻らない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

古典の名作『孫子の兵法』のゆる~い現代語訳を書いています。

今回は火攻編その2です。

現代語訳のもくじは孫子の兵法トップページをご覧ください。

スポンサーリンク

火攻編 その2

どうも。孫子です。

戦いに勝利したにもかかわらず、いつまでも戦闘状態をつづけるのは良くありません。

これを費留(ひりゅう)といいます。浪費とか停滞とか時間のムダという意味です。

さっさと戦後処理をしたいものですね。一度、区切りをつけましょう。名君はいつもそのことを考えています。名将はいつも戦闘を短く終わらせようとしています。

そもそも…

なにも得がないなら軍を動かさないこと。よほどの危機でなければ戦わないこと。これが大切です。

一時の怒りやうらみで戦いを始めてはいけません。

メリットがあれば戦い、メリットがなければ戦わないことです。

怒りやうらみの感情は、いつか喜びに変わるかも知れません。

でも、戦いで失った命がもどることはありません。

名君や名将は一時の感情では動きません。それでこそ、国民は平和に暮らせます。

孫子の兵法 わかりやすい現代語訳 トップページ