孫子の兵法 火攻めの種類とタイミング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

古典の名作『孫子の兵法』のゆる~い現代語訳を書いています。

今回は火攻編その1です。

現代語訳のもくじは孫子の兵法トップページをご覧ください。

スポンサーリンク

火攻編 その1

どうも。孫子です。

ここでは火攻めの話をしますね。

火攻めには5種類あります。

1.兵士を火攻めする

2.食料・物資を火攻めする

3.補給部隊を火攻めする

4.倉庫を火攻めする

5.敵の通り道や陣地を火攻めする

火攻めはいつでもできるものではありません。適したタイミングがあります。

次の2つを満たしている日に行いましょう。

1.乾燥した時期であること。

2.月が「箕」・「壁」・「翼」・「軫」の星座にかかっていること。そういう日は風が起こりやすいんです。

以上、火攻めの種類とタイミングでした~。

孫子の兵法 わかりやすい現代語訳 トップページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする