孫子の兵法 覇王の軍であるために

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あーりーです。

古典の名作『孫子の兵法』のゆる~い現代語訳を書いています。

今回は九地編その7です。

現代語訳のもくじは孫子の兵法トップページをご覧ください。

スポンサーリンク

九地編 その7

どうも。孫子です。

諸外国のたくらみを知らない者は、外交や交渉ができません。

地形を知らない者は、軍を進めることができません。

地元の人を道案内につけない者は、地の利を活かすことができません。

覇王の軍なら、このくらいのことはちゃんとできて当たり前です。

では。

そんな覇王の軍が敵国を攻めるときは、まずどんな準備をするべきでしょう。

それはこうです。

まず敵国が兵力を集められないようにします。

さらに、敵国が同盟国の協力を得られないようにします。

そうしてこそ、覇王の軍は大きな争いをしなくても目的を達成できるんです。

孫子の兵法 わかりやすい現代語訳 トップページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする