孫子の兵法 敵をだますにはまず味方から

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

古典の名作『孫子の兵法』のゆる~い現代語訳を書いています。

今回は九地編その6です。

現代語訳のもくじは孫子の兵法トップページをご覧ください。

スポンサーリンク

九地編 その6

どうも。孫子です。

名将は自分の兵士たちにさえ作戦の本質を隠すことがあります。

名将は迷信的な恐怖感を兵士から取り除きます。

そうすれば兵士たちは迷信におびえることなく戦ってくれます。

名将はこれまでにない新しい要素を作戦に取り入れます。

そうすれば誰にも作戦が読まれません。

名将は本当の目的地を隠して、あちこち迂回しながら進みます。

そうすれば敵に作戦の意図を見破られません。

名将は自分の軍をあえてピンチに追い込みます。

そうすれば兵士たちは絶大なパワーを発揮します。

孫子の兵法 わかりやすい現代語訳 トップページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする