孫子の兵法 命令せずに一致団結させる方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

古典の名作『孫子の兵法』のゆる~い現代語訳を書いています。

今回は九地編その4です。

現代語訳のもくじは孫子の兵法トップページをご覧ください。

スポンサーリンク

九地編 その4

どうも。孫子です。

敵の領土に深く攻め入ったときのことを考えてみましょう。

攻め入った側は、勢いづいているでしょう。

それに、敵地の奥深くで負ければ袋叩きにあう緊張感もあります。

やる気がみなぎり、気持ちが引き締まっています。

そんな状態ですから、たいていの場合、攻め入ったほうが勝ちます。

攻められたほうは負けます。

敵地では、農地をおさえて食糧を確保しましょう。

その食糧で兵士たちを十分に休ませます。

疲れさせてはいけません。

兵士のやる気をアップさせ、いざというとき全力を尽くして戦えるようにしておきましょう。

やる気いっぱいの兵士をうまく動かしつつも、誰にも作戦がバレないように気をつけましょう。

敵の領土に深く攻め入れば、勝って帰るしかありません。

兵士たちは無我夢中でがんばります。

「あれをやれ」「これをやれ」と言われなくてもキビキビ動きます。

求めなくても率先して行動します。

ルールを決めなくても協力し合います。

命令されなくても一致団結します。

孫子の兵法 わかりやすい現代語訳 トップページ

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ