孫子の兵法 9種類の戦場とその対処法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

古典の名作『孫子の兵法』のゆる~い現代語訳を書いています。

今回は九地編その1です。

現代語訳のもくじは孫子の兵法トップページをご覧ください。

スポンサーリンク

九地編 その1

どうも。孫子です。

戦場には9つの種類があります。以下に解説しますね。

1.散地

これは自分の国内の土地です。

兵士たちの家や故郷がすぐそばにあります。

兵士たちは「いざとなればすぐ家に帰れる」と気がゆるみます。

だからここで戦うのはオススメしません。

どうしても戦うなら、兵士たちの心をよほどしっかりつかんでおく必要がありますよ。

2.軽地

国境を越えて敵の領土にちょっと入った場所のことです。

ここも兵士たちにとっては逃げやすい場所です。

長くとどまっているのはNGです。

すぐ移動しましょう。

3.争地

「ここを占領すれば有利になる」という重要な場所のことです。

我々が狙っているのと同じく、敵も狙っています。

もしも敵が先にここを占領していたら、ちょっと面倒です。

むやみに攻めてはいけません。

敵は何がなんでも守ろうと抵抗します。

そんなときは、できるだけ早く応援を呼びましょう。

4.交地

行ったり来たりするのに便利な「交通の要衝」のことです。

こちらが移動しやすい分、敵も攻めて来やすいです。

こういう場所では、兵力が分散しないようにみんなで固まって行動するのが大事です。

5.く地

いろんな国が隣接して勢力がひしめきあっている土地です。

いろんな国と接触できるので、同盟をむすんだり仲良くなったりすると良いですよ。

6.重地

「重要な土地」のことです。

敵国の奥深くにあります。

補給路の確保、食料の確保が大事です。

7.ひ地

山林、けわしい地形、沢や沼地など、身動きが困難な場所のことです。

ここはさっさと通過しましょう。

8.囲地

侵入も撤退も難しい場所のことです。

入口が狭かったり、引き返すには曲がりくねったルートを通らなきゃならないとか。

こういう場所に入ってしまうと、少数の敵にも苦戦します。

そうなったら思いもよらない奇策でピンチを脱出するしかありません。

9.死地

必死で戦わないと生きて帰れないような危険な場所のことです。

やるしかない!という覚悟で一致団結しましょう。

ピンチになれば、兵士たちは必死で戦うものです。

生きるためなら、兵士たちは命令に従います。

以上が9種類の戦場についての説明でした。

孫子の兵法 わかりやすい現代語訳 トップページ

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ