孫子の兵法 いきなり厳しく罰するとギクシャクするよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

古典の名作『孫子の兵法』のゆる~い現代語訳です。いつも読んでくださってありがとうございます。現代語訳のもくじは孫子の兵法トップページをご覧ください。

今回は行軍編その5です↓

スポンサーリンク

行軍編 その5

どうも。孫子です。

今回は、メンバーみんなで一丸となれる組織ってイイよね!という話です。

力を合わせる

戦いは、数が多ければ勝てるものではありませんよね。でも、こちらの数が多いときは油断して、つい「楽勝だ♪」と思ってしまいます。気をつけたいですね。

戦いに勝てるかどうかは、数ではなく…

いかに力をあわせるか。いかに力を集中させるかにかかっています。

リーダーとメンバー

メンバーとまだ信頼関係を築けていないリーダーが、いきなり厳しくメンバーを罰すると、関係がギクシャクしてしまいます。

逆に…

すでにメンバーとの信頼関係ができているのに、注意すべき時に注意しないと、これもまた組織がうまく動きません。

だから、リーダーとして一番いいのは…

はじめは思いやりをもって命令することです。それでメンバーたちの心をつかんだら、ときに厳しさをもって組織を整えていくんです。

孫子の兵法 わかりやすい現代語訳 トップページ

PR

ブログランキング ブログ村に参加しました! よろしければ応援クリックお願いいたします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

ブログランキング・にほんブログ村へ

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

スポンサーリンク