「図解 戦国の城がいちばんよくわかる本」の感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

戦国時代の城を図解した本です。イラストがわかりやすくて面白いです。

お城の基本的な仕組みから、縄張り図の読み方まで。ぼくのような、お城のビギナーには最高の本ですね。

図解 戦国の城がいちばんよくわかる本
図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

お城に興味がない

日本の歴史でどの時代に一番興味があるかと聞かれれば、やっぱり戦国時代です。ただ、戦国時代には興味があるんですけど、じつはお城そのものにはあまり興味がないんです。

武将に興味がある

お城に興味はなくても、お城にまつわる武将たちの生き様とか戦いには興味があります。以前このブログに感想を書いた『戦国城塞伝―十二の城の物語』は、そういう本でした。

そう考えるとぼくは、あくまでも武将に興味があるのであって、お城そのものには興味がないんです。お城の外観とか、美しさとか、天守閣とか、建築物としてのお城には、あまり関心がないんです。

城の魅力がわかった

そんなぼくでも、この本を読むと「お城っておもしろい!」と思えました。

建築物としてのお城に興味が持てたんです。ぼくが魅力を感じたのは、外観でも美しさでも天守閣でもなく、お城の持つ「基地」としての役割でした。

お城は基地

興味を持ったのは…

お城の敷地をどう区切るか。区切った土地をどう使うか。これです。

お城は基地なんです。(←あたりまえですけど)

つまり、基地のエリアをどう区切るか。区切った各エリアにどんな仕掛けを設置すれば、敵を撃退できるか。そのいろんな工夫の集大成がお城なんですね。

イラストがわかりやすい

お城にあるいろんな仕掛けがイラストで紹介されています。敵を撃退するための仕掛けです。すごくわかりやすいです。

堀や柵ひとつにしても、いろんな工夫がなされています。お城の通路や構造って、敵をうまく迎え撃てるように、さまざまな知恵が込められているんですね。イラストがわかりやすいので飽きずに読めます。

たとえば柵です。柵は縦横の棒を組み合わせてできています。横の軸は、低い位置に取り付けられていたそうです。高い位置に横軸があると、そこに足をかけて柵を越えられるから、わざと低い位置に取り付けたそうです。

通路

侵入してきた敵をあっちこっちから攻撃できるように、通路が工夫されている様子なども、イラストで解説されています。

こんな感じで、ほかにもたくさん図解されています。お城に興味のないぼくでも、すごく興味が持てましたよ。

図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

PR

ブログランキング ブログ村に参加しました! よろしければ応援クリックお願いいたします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

ブログランキング・にほんブログ村へ

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

スポンサーリンク