孫子の兵法 まわりを観察するといろんな兆候が見える

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

古典の名作『孫子の兵法』のゆる~い現代語訳を書いています。

今回は行軍編その3です。

現代語訳のもくじは孫子の兵法トップページをご覧ください。

スポンサーリンク

行軍編 その3

どうも。孫子です。

いろんなことをよく観察していると、敵軍のようすがわかってきます。

今回はそういったことについてお話しますね。

自然の地形の強み

敵がそばにいるのに、攻めてくるでもなく静まり返っていることがあります。それは、こちらが攻められないような自然の地形があって、敵がその地形を頼りにしているからです。

挑発

敵がまだ遠くにいるのに、やたらと挑戦的に戦いしかけてくることがあります。それは、こちらを挑発して誘い出そうとしているんです。

おとり

敵がわざと攻撃されやすい場所にいるのは、何かたくらみがあるからです。おとりかもしれません。

木々が動く

林の木々が動くのは、敵が近づいている証拠です。

草むらの障害物

草むらの中に障害物があるのは、敵が潜んでいる証拠です。もしかすると、潜んでいるように見せかけている可能性もありますね。

鳥が飛び立つ

鳥が飛び立ったり、動物が怯えるのは、敵が潜んでいる証拠です。

戦車

砂ぼこりが高くとんがって舞うのは、戦車が近づいているからです。

歩兵

砂ぼこりが低く広い範囲で舞うのは、歩兵が近づいているからです。

砂ぼこりがあちこちに細く舞い上がるのは、敵が薪をあつめているからです。

野営の準備

かすかな砂ぼこりが行ったり来たり舞い上がるのは、敵が野営しようとしているからです。

と、こんなふうに、ちょっとした兆候からいろんなことがわかります。

孫子の兵法 わかりやすい現代語訳 トップページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする