孫子の兵法 行軍編 兵力をどこに配置するか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

古典の名作『孫子の兵法』のゆる~い現代語訳を書いています。

今回は行軍編その2です。

現代語訳のもくじは孫子の兵法トップページをご覧ください。

スポンサーリンク

行軍編 その2

どうも。孫子です。

今回は、兵力をどこに配置するか、という話です。

高い場所

まず…

名将は兵力をなるべく高い場所に配置します。低い場所には配置しません。それから、おすすめなのは日なたですね。じめじめした日陰はダメです。健康的で便利な場所なら、言うことありません。

困難な地形

絶壁に囲まれた場所や、軍の行動が困難な地形からは、さっさと遠ざかりましょう。

逆に、敵がこういう地形に近づくように仕向けてやりましょう。こういう地形に対しては、敵は背を向け、自分たちは正面を向いている、っていうのが理想です。

水のある場所

草木がおいしげったところや、水たまりがある場所などは、よく調べてください。敵が潜んでいるかもしれません。

孫子の兵法 わかりやすい現代語訳 トップページ