孫子の兵法 受けてはならない君命もある

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

孫子の兵法のゆる~い現代語訳を書いています。

今回は九変編その1です。

現代語訳のもくじは孫子の兵法トップページをご覧ください。

スポンサーリンク

九変編 その1

どうも。孫子です。

この九変編では、戦場での臨機応変な対応について見ていきましょう。

地形で気を付けること

不便な地形で停止したり、野営したりしないようにしましょう。

交通の便がいい場所では、周辺の勢力と仲良くしましょう。

あと、閉じ込められやすい地形では、くれぐれも気を付けてください。

逃げ道がない地形では、もう必死に戦うしかありません。がんばってください。

逆にいうと、敵を退路のない状況に追い込むと必死で抵抗しますから、かならず敵の逃げ道は残しておいてくださいね。

通ってはいけない道

何でもかんでも猪突猛進すればイイってものでは、ありません。

通ってはいけない道もあります。急がば回れということもあるからです。

攻撃してはいけない敵

攻撃してはいけない敵軍もいます。

ほかの大きな作戦に兵力を集中するときなどです。

ささいな敵は放っておきましょう。

攻略してはいけない城

攻略してはいけない城もあります。

奪ってはならない土地もあります。

たとえば、一気に敵の本拠地を攻める場合は、そっちに兵力を集中したほうがいいんです。

受けてはならない君命

たとえ君主の命令でも、きいてはならないものがあります。

戦場のことをよく知らない君主が口を出すことで、現場がワチャワチャになることがあります。

そんなときは、君命を受けなくてもOKです。

戦場では、将軍が一番なんです。

名将は臨機応変

こんなふうに、名将は現場のいろんな状況に、柔軟に対応します。

柔軟な対応ができない将軍は、たとえ地形にくわしくても、それを無駄にしてしまいます。

何かいい方法を知っていたとしても、それを活かすことができません。

孫子の兵法 わかりやすい現代語訳 トップページ

Amazon孫子
関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

グロースファクター 毛髪再生