孫子の兵法 風林火山と人のやる気

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

孫子の兵法のゆる~い現代語訳を書いています。

今回は軍争編その4です。

有名な風林火山の話です。

孫子の兵法のトップページはこちらです。

スポンサーリンク

軍争編 その4

どうも。孫子です。

今回はまず、名将がひきいる軍団には、こんな特徴がありますよ!っていう話をしますね。

風林火山

名将がひきいる軍団は、

風のように迅速に行動し、

林のように静かにひかえ、

火のようにはげしく攻撃し、

山のようにどっしりと構え、

陰のように実態を隠し、

雷のように動き出します。

統制のとれた動き

名将のひきいる軍団は、戦場でバラバラに行動することがありません。

ちゃんと統制がとれています。

戦場では、人の声は聞こえません。

そのかわりに、鐘や太鼓があります。

戦場では、部隊の動きがよくわかりません。

だから、旗やのぼりがあります。

そのおかげで、兵士たちの統制がとれます。

勇者がひとりで勝手に進むこともないし、臆病者が遅れて進むこともありません。

やる気

一般的に…

はじめはやる気がマンマンでも、だんだんとダラけてきて、最後は疲れてやる気がなくなっていくものですよね。

名将はこのことをよく知っています。

だから名将は、敵のやる気がマンマンのときは攻めず、敵のやる気が弱くなってきた頃に攻めるようにします。

敵が乱れるのを待って、行動するんです。

敵を待つ

戦場の近くに陣取りましょう。そこで、遠くからくる敵を待ち受けるんです。

ゆっくり休みましょう。それから、疲れ切った敵を待ち受けるんです。

お腹いっぱい食べましょう。そして、飢えた敵を待ち受けるんです。

こんな敵とは戦うな

敵がやってきたら、その様子をよく観察してください。

旗が整然と動いていたり、布陣が堂々としているようなら、敵のやる気はマンマンです。

戦うのはやめましょう。

タイミングをずらしてください。

孫子の兵法 わかりやすい現代語訳 トップページ

A8 Amazon孫子

『孫子の兵法』と三国志

三国志の英雄たちは、『孫子の兵法』を活用して戦ったと言われています。

電子コミックのサイトなら、三国志のマンガが無料で立ち読みできるので、興味のある方はぜひどうぞ。


▼ ▼ ▼
eBookJapan

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

グロースファクター 毛髪再生