孫子の兵法 形のない変幻自在の軍団

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

孫子の兵法のゆる~い現代語訳を書いています。

今回は虚実編その7です。

孫子の兵法のトップページはこちらです。

スポンサーリンク

虚実編 その7

どうも。孫子です。

敵の実態を把握するのは、大事です。

逆に、こちらの実態は敵にわからないようにしておいたほうがいいです。

形なき軍団

だから…

軍団の理想の形は、「無形」です。

つまり、実態がつかめないようにすることです。

変幻自在

型にハマらず、常識にとらわれず、その時その時で、変幻自在に変化する軍団です。

実態のない軍団とでもいいましょうか。

スパイがいても大丈夫

実態がなければ、スパイから何かが漏れることはありません。

実態がなければ、敵にどんな賢者がいても、見抜かれることがありません。

兵士たちにも全体像がわからない

名将のひきいる軍団では、所属している兵士たちでさえ、戦術の全体像が把握できません。

兵士たちは、どんな陣形で勝ったか、くらいはわかりますが、作戦の全体像や本当の勝因などは、わからないんです。

同じ手は二度と使わない

名将は、おなじ戦術を二度も使いません。

同じ状況が二度もあらわれないからです。

名将の戦い方は、その時その時の状況で、無限に変化します。

孫子の兵法 わかりやすい現代語訳 トップページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする