孫子の兵法 敵の数が多くても戦いようはある

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

孫子の兵法のゆる~い現代語訳を書いています。

今回は虚実編その6です。

孫子の兵法のトップページはこちらです。

スポンサーリンク

虚実編 その6

どうも。孫子です。

前回は、「兵力は集中させましょう」という話をしました。

そのつづきです。

いつ、どこで決戦がおこなわれるのか?

それがわかれば、たとえ千里先の戦場にでも、兵力を集中させることができます。

でも、それがわからなければ、ほんの目の前の戦場にも、兵力を集中させることができません。

兵力が分散してしまうと…

左は右を援護できず、右は左を援護できません。

前は後ろを援護できず、後ろは前を援護できません。

たとえば…

越という国の軍隊は、数は多いんですけど、それほど脅威ではありません。

それは、上に書いたような事情によります。

どんなに数が多くても、兵力が分散してしまえば、怖れることはありません。

勝利は自分たちでつくるものです。

敵の数が多くても、戦いようはあるんです。

孫子の兵法 わかりやすい現代語訳 トップページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする