孫子の兵法 すべてに備えれば、すべてが手薄になる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

孫子の兵法のゆる~い現代語訳を書いています。

今回は虚実編その5です。

孫子の兵法のトップページはこちらです。

スポンサーリンク

虚実編 その5

どうも。孫子です。

今回は、名将が戦いで優位に立てる仕組みをご紹介します。

名将は実態を隠す

名将は、敵の実態をよく把握します。それでいて、自分たち実態は、敵に悟られないようにします。

名将は敵の兵力を分散させる

そうすると…

敵は「どこから攻めてくるんだろう?」、「あっちかな?」、「こっちかな?」とわからなくなり、どこから攻めてきてもいいように、兵力を分散させます。

名将は自分の兵力を集中させる

一方…

名将のほうは、兵力を集中させて行動できます。

10倍の兵力で戦える

たとえば…

敵が兵力を10カ所に分散させたとします。

名将のほうは一点に集中させたとします。

すると、もとの兵力がおなじ場合、名将のほうが10倍の兵力で戦えることになります。

これはすごく有利ですよね。

決戦の場所を秘密にする

名将は、自分たちがどこで決戦をしようと考えているか、秘密にしておきます。

すると敵は「決戦の場所はあっちかな?」、「こっちかな?」とわからなくなり、あちこちに兵力を分散させて備える必要が出てきます。

前後左右どこから攻めるか秘密にする

名将は、敵の前後左右どこから攻めるかも、明かしません。

敵は「前から攻められてもいいように、前に兵力を集めよう」と考えるかも知れません。

すると、後ろが手薄になります。

逆に「後ろに兵力を集めよう」とすれば、前が手薄になります。

「左に備えよう!」とすれば右が手薄に。

「右に備えよう!」とすれば左が手薄になります。

すべてに備えれば、すべてが手薄になる

戦いのヘタな人は、相手に備えようとして、あっちにもこっちにも手をだし、結局どこも手薄になります。

すべての場所に備えれば、すべての場所が手薄になるんです。

戦いのうまい人は、相手に備えさせることで相手を翻弄し、自分は優位に立ちます。

孫子の兵法 わかりやすい現代語訳 トップページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする