孫子の兵法 名将の攻めと守りが完璧なワケ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

孫子の兵法のゆる~い現代語訳を書いています。

今回は虚実編その3です。

現代語訳のトップページはこちらです。

スポンサーリンク

虚実編 その3

どうも。孫子です。

名将がひきいる軍団は、千里の道を進んでもまったく疲れません。

それは、事前にちゃんと調べて、敵のいないところとか、敵の弱いところをルートに選んでいるからです。

名将の攻め

名将は、敵を攻撃すれば必ず勝ちます。

それは、敵の守りが手薄なところを攻めているからです。

だから、名将に攻められると、敵はどうしようもありません。

名将の守り

名将は、いったん守りに入ると必ず守りとおします。

それは、敵が攻撃できないような場所で守りを固めるからです。

だから、名将の守りは誰にも崩せません。

名将は敵の運命をにぎる

名将の軍団は、形にとらわれずに変化します。

それはとても繊細です。

名将の軍団は、敵に悟られずに行動します。

その様子は、まるで神ワザです。

だからこそ、名将は敵の運命をその手に握ることができるんです。

孫子の兵法 わかりやすい現代語訳 トップページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする