孫子の兵法 勢編その5 木や石を転がすような勢い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

孫子の兵法のゆる~い現代語訳を書いています。

今回は勢編その5です。

現代語訳のトップページはこちらです。

スポンサーリンク

勢編 その5

どうも。孫子です。

軍団のなかに腕っぷしの強い人がいると、その軍団は強いような気がしますよね。

でも、戦いがうまい人の考え方は違うんです。

名将はけっして個人の武勇に頼り切るようなことはしません。

あくまでも集団の勢いによって勝とうとします。

その時その時の戦いにふさわしいメンバーを選んだら、あとは集団にいかにして勢いをつけるかを考えます。

集団の勢いをうまく利用する名将の戦いぶりは、たとえるなら、木や石を山の上から転がすようなものです。

木や石は、平らなところでは止まっていますが、不安定なところではどんどん転がりますよね。

そんな感じで、ひとたび集団に勢いがつくと、そのエネルギーはすさまじいものになります。

孫子の兵法 わかりやすい現代語訳 トップページ