孫子の兵法 正攻法と奇策は無限のバリエーション

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

孫子の兵法のゆる~い現代語訳を書いています。

今回は勢編その2です。

現代語訳のトップページはこちらです。

スポンサーリンク

勢編 その2

どうも。孫子です。

今回は、「正攻法」と「奇策」の話をしますね。

戦いはまず「正攻法」で始まることが多いです。

それでいて、最後に勝敗を決するのは、たくみに繰り出される「奇策」です。

無限のバリエーション

奇策にすぐれた将軍のアイディアは、天地の運行のように無限で、大河のようにつきることがありません。太陽と月がめぐるように、終わってはまた始まります。春夏秋冬のように、永遠です。

音楽

無限のバリエーションを音楽に例えます。音楽はたったの5音から成り立っています。でも、その組み合わせは無限で、さまざまに変化します。

色に例えます。色の基本は、赤、青、黄、白、黒の5色です。その組み合わせは無限で、さまざまに変化します。

味に例えます。味の基本は、辛い、酸っぱい、塩辛い、甘い、苦いの5種類です。その組み合わせは無限で、さまざまに変化します。

正攻法と奇策

これらと同じように…

戦い方は「正攻法」と「奇策」の2種類しかありませんが、そこから生まれるバリエーションは無限です。

「正攻法」が「奇策」を生み、「奇策」が「正攻法」を生み、そのつながりは無限につづく輪のように永遠です。

孫子の兵法 わかりやすい現代語訳 トップページ