孫子の兵法 謀攻編その4 君主のNG行動

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

孫子の兵法のゆる~い現代語訳を書いています。今回は、謀攻編その4です。

現代語訳のトップページはこちらです。

スポンサーリンク

謀攻編 その4

どうも。孫子です。

今回は、将軍と君主の話をしますね。

将軍

将軍は、国の重要なサポート役です。将軍がきちんと君主をサポートしていれば、国は強くなります。将軍と君主の関係がギクシャクすると、国は弱くなります。

君主

つぎに君主の話です。

君主は、将軍となるべく密接な関係にあるべきです。

でも、注意してください。

いくら密接といっても、君主が将軍のテリトリーである軍隊のことに口を出すのはNGです。

軍のことをよく知りもしないのに、あれこれ口を出すべきではありません。たとえば、軍が前進すべきじゃないときに前進を命じたり。退却すべきじゃないときに退却を命じたり。

そんなことになれば、指揮系統が乱れて、不信感が生まれます。敵はそこを狙ってくるんです。

孫子の兵法 わかりやすい現代語訳 トップページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする