孫子の兵法 謀攻編その3 勝てない敵とは戦わない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

孫子の兵法のゆる~い現代語訳を書いています。今回は、謀攻編その3です。

現代語訳のトップページはこちらです。

スポンサーリンク

謀攻編 その3

どうも。孫子です。

なるべく武力は使わない方がいいという話をしました。

それでも武力衝突が起こった場合どうするか。

今回はそれをお話しますね。

味方の数によって戦い方が変わってきます。

10倍

こちらの兵力が敵の10倍あるときは、包囲しましょう。

スポンサーリンク

5倍

5倍なら、正面から攻撃します。

2倍

2倍なら、敵を分断します。それから、バラバラになった敵をそれぞれ順番に撃破するんです。そうすれば一度に戦う敵の数が減ります。

おなじ

おなじくらいの兵力のときは、そうです、気力です。がんばりましょう!

少ない

こちらの兵力が少ないときは、まじめに戦うことはありません。いかに退却するかを考えてください。

圧倒的に少ない

こちらの兵力が圧倒的に少なくてお話にならないときは、あれこれ考えずにさっさと逃げましょう。少数の部隊は、大軍のえじきになります。

以上が、兵力のちがいによる戦い方の基本です。

孫子の兵法 わかりやすい現代語訳 トップページ

A8 Amazon孫子

『孫子の兵法』と三国志

三国志の英雄たちは、『孫子の兵法』を活用して戦ったと言われています。

電子コミックのサイトなら、三国志のマンガが無料で立ち読みできるので、興味のある方はぜひどうぞ。


▼ ▼ ▼
eBookJapan

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

グロースファクター 毛髪再生