孫子の兵法 謀攻編その2 孫子おすすめの戦い方とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

孫子の兵法のゆる~い現代語訳を書いています。今回は謀攻編その2です。

現代語訳のトップページはこちらです。

スポンサーリンク

謀攻編 その2

どうも。孫子です。

きょうは理想的な戦い方ベスト3をご紹介しますね。

まず第1位は…

敵のたくらみを見抜いて、それを未然に防ぐことです。いくさ以前の問題です。武力衝突を回避してしまうんです。

第2位は…

敵の同盟関係にひびを入れて、敵を孤立させることです。

第3位は…

武力で敵を討つことです。はい、ここでようやく武力が出てきました。武力に訴えるのは、最後の最後です。

ちなみに、もっともダメな第4位の方法もあります。それは…

城攻め

です。城攻めは、ほかに何も方法がないときにだけ行ってください。城を攻めるのは、すごく大変ですから。

さて。

少し話を整理しますね。

戦いのうまい人は、敵を屈服させるときも、武力に頼りません。

どうしても城を攻めなくちゃならないときも、力まかせに攻めません。

敵の国をやぶるときも、長期戦にならないようにします。

戦いのうまい人は、敵を滅ぼしません。生かしたまま取り込んで、勝利します。

力まかせに攻めないので、兵士たちは犠牲になりません。

これこそが、謀攻によって勝つ方法です。

孫子の兵法 わかりやすい現代語訳 トップページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする