孫子の兵法 作戦編その3 捕虜にはやさしく

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

孫子の兵法のゆる~い現代語訳を書いています。

現代語訳のトップページはこちらです。

スポンサーリンク

作戦編 その3

どうも。孫子です。

前回は…

戦争のときは何でもかんでも国内から前線に送るんじゃなく、敵国で調達するとイイよ

っていう話をしました。

だから、力任せに敵をやっつけて滅ぼしていくやり方はNGなんです。滅ぼしてしまうのではなく、敵国のいろんなものを利用するんです。

敵国の兵器も使えます。

あと、人ですね。

捕虜にした兵士には、丁寧に接しましょう。一緒に戦う仲間になってもらうんです。

これこそが、敵に勝利し、敵を仲間にするやり方です。

戦争には、勝たなくてはなりません。長引いてはなりません。リーダーは、国民や国家の運命を握っているんです。

孫子の兵法 わかりやすい現代語訳 トップページ

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ