孫子の兵法 作戦編その2 前線には食糧を送らない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

孫子の兵法のゆる~い現代語訳を書いています。

現代語訳のトップページはこちらです。

スポンサーリンク

作戦編 その2

どうも。孫子です。

今回は、戦争がうまいリーダーはこんな人だよ、っていう話をしますね。

彼らは、国民を2回も徴兵しません。1回ぽっきりです。

前線に食糧を3回も送りません。せいぜい2回です。

それから…

彼らは、必要な武器や道具を国内でつくって前線に送ります。

でも食糧は違います。

食糧は「国内でつくって前線に送る」なんてことはしません。足りなくなったら敵国で手に入れます。だから兵士が食べ物に困ることはありません。

戦争がつづくと国が貧しくなると言われます。それは、遠い前線にいろんなものを運ぶからです。前線を支えるために、国内が疲れ果てるんです。

戦争が起こると、モノの値段が高くなります。

モノの値段が高くなると、人々の貯金はあっという間になくなります。国の経済力もなくなります。

だから…

戦争がうまいリーダーは、なんでもかんでも国内から前線に運ぶようなことはしません。

現地で調達・購入するんです。

孫子の兵法 わかりやすい現代語訳 トップページ

A8 Amazon孫子

『孫子の兵法』と三国志

三国志の英雄たちは、『孫子の兵法』を活用して戦ったと言われています。

電子コミックのサイトなら、三国志のマンガが無料で立ち読みできるので、興味のある方はぜひどうぞ。


▼ ▼ ▼
eBookJapan

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

グロースファクター 毛髪再生