孫子の兵法 計編その3 兵は詭道なり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

孫子の兵法のゆる~い現代語訳です。今回は、計編その3です。有名な「兵は詭道なり」の話です。現代語訳のトップページはこちらです。

スポンサーリンク

計編 その3

どうも。孫子です。

戦いの本質は、敵をあざむくことです。(兵は詭道なり

たとえば…

できるのに、できないふりをする。

やろうと思っているのに、やらないふりをする。

近くにいるのに、遠くにいるふりをする。

遠くにいるのに、近くにいるふりをする。

とか。

そういうことです。

敵に「これはいけるぞ!」と思わせておいて、討ちます。

大切なのは、戦いに備えておくこと。

もっと大切なのは、自分より強い敵とは戦わないこと。

戦うときは、敵を怒らせて、混乱させましょう。

弱いふりをして、調子に乗らせましょう。

敵を疲れさせましょう。

敵が団結したときは、仲を悪くさせましょう。

敵が想定していないところを攻めましょう。

以上が、勝利に必要なことです。

でもこういうのって、敵の出方次第なので、前もって準備ができないんですよね。

孫子の兵法 わかりやすい現代語訳 トップページ