孫子の兵法 計編その1 五事七計でセルフチェック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

孫子の兵法のゆる~い現代語訳です。なるべくわかりやすく書いたつもりです。どうぞお付き合いください。

今回は孫子の兵法のはじまり。「五事七計」と呼ばれる話です。

スポンサーリンク

計編 その1

どうも。孫子です。

戦争って大変ですよね。

生きるか死ぬか。

国が残るか、滅びるか。

そういうことが戦争によって決まります。

だからこそ、「知らなかった」ではすまされないことが、たくさんあります。

というわけで。

まず…

5つのセルフチェック

自分たちの実力を知るために、5つのチェック項目を用意しました。

その5つとは、「道」、「天」、「地」、「将」、「法」です。

一つひとつご説明しますね。

「道」とは一体感。理念。一丸となって取り組む盛り上がり。そういう雰囲気をつくるチームのあり方です。

「天」とは、自然条件です。昼と夜。寒さや暑さ。春夏秋冬など。

「地」とは、地理的な条件のことです。遠い、近い。けわしい道、おだやかな道。広い、狭いなど。

「将」とは、将軍の能力のことです。

将軍に必要な能力は、知恵、信頼、思いやり、勇気、厳しさです。

「法」とは、秩序やルールのことです。

以上、5つのことがちゃんと満たされているでしょうか。

敵と味方 7つの比較

さて。

今度は、敵と味方の優劣をくらべてみましょう。

つぎの7項目で比較してみてください。

1.敵と味方で、リーダーの理念は、どちらが優れているか?

2.敵と味方で、将軍はどちらが優秀か?

3.敵と味方で、時期的に有利なのはどっちか? 場所的に有利なのはどっちか?

4.敵と味方で、ルールが守られているのはどっちか?

5.敵と味方で、チームとして強いのはどっちか?

6.敵と味方で、個々人が優れているのはどっちか?

7.敵と味方で、良いことをしたらきちんと称えられ、悪いことをしたらきちんと罰せられるのはどっちか?

以上の7点を比較すると、戦う前から勝負が見えてきます。

孫子の兵法 わかりやすい現代語訳 トップページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする