「戦国城塞伝―十二の城の物語」の感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

戦国時代を代表する12の城について書かれた本です。城マニアじゃなくても、おもしろく読めました。

戦国城塞伝―十二の城の物語 (PHP文庫)

なが~い日本の歴史のうち、約1000年ほどは、武士の歴史でした。

武士は10世紀に登場して、19世紀の明治維新のあとに消滅しました。

学校で習う歴史でも、武士の登場率は高かったですよね。いってしまえば、学校で習う歴史のほとんどは、武士による争いの歴史でした。

スポンサーリンク

土地の奪い合い

武士が大事にしていたのが土地です。武士は「ここは誰の土地だ」「おれの土地だ」「いや、おれの土地だ」っていうことに、すごく敏感でした。

武士の歴史は、土地の権利を主張しあう歴史であり、もっといえば、土地の奪い合いの歴史でした。

カオスのピークは戦国時代

土地の奪い合いのカオスがピークに達したのが、戦国時代です。かなりゴタゴタしてましたよね。

いろいろなお城

お城は、生きるか死ぬか、攻めるか攻められるかの戦国時代で、とっても大切なものでした。

武士の基地ですね。

お城にもいろんなタイプがあります。

「お城はやっぱり平地につくるのが一般的だよね」という考えもあれば、「いやいや、山の上のつくったほうが防御力がアップする」という見方もあり、さらには「これからは経済の時代だから、水上輸送に便利な、湖や海のちかくがイイ」っていう発想もあって、いろいろなお城ができました。

城にはドラマがつきものです。

戦国時代というドラマいっぱいの時代を、お城を通してみることができる本です。

戦国城塞伝―十二の城の物語 (PHP文庫)

PR
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする