ガンダム小説はアニメじゃわからないリアルが読める

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

『機動戦士ガンダム』はアニメで有名ですが、小説もあります。

小説は、もうほぼ別の物語といってもいいくらい、オリジナリティがあります。

それとはべつに『オリジン』というマンガもありますね。

つまり『機動戦士ガンダム』は、アニメ、小説、マンガの3つがあります。

ここでは、小説のはなしをします。

機動戦士ガンダム〈1〉 (角川文庫―スニーカー文庫)

スポンサーリンク

ザクというモビルスーツ

『ガンダム』はリアルなアニメでした。

なにがリアルって、善悪のない対立の構図とか、それまでのロボットアニメとは違う生々しい人間関係とか、スーパーロボットではなくあくまでも兵器という描かれ方とか、いろいろです。

アニメでもそのリアルさは十分発揮されていました。

小説だと、さらに発揮されています。

たとえば、ザクというモビルスーツです。

コックピットの不便さ

小説の第1巻のパート1で、ザクについて詳しく書かれています。

まず、ザクがレーダーを無力化するミノフスキー粒子下での接近戦を可能にした新兵器だったことが述べられます。そのあと、ザクのコクピットのことが書かれています。

(引用ここから)

ザクはパイロットに不自由な点もあった。コクピットの入り口が、操作パネルの前にきてしまって、出入りが難しいのである。無重力のために問題はなさそうなのだが、パネルを汚すので不評なのである。

(引用ここまで)

アニメじゃわからないこと

ザクのコクピットの不便さなんて、アニメを見ているだけじゃわかりません。

たしかに、アニメでもザクのパイロットたちは、パネルを乗り越えて操縦席に座っていました。

いわれてみれば、なるほど不便です。とくに重力のあるコロニー内や地球上では、かなり不便だったでしょうね。

ザクのコクピットのはなしは一例ですが、こんなふうに、アニメじゃわからない細かなリアルさが読めるのが、小説の楽しみの一つです。

PR
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする