痔の体験談 脊髄麻酔で手術をして痔が完治

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

あーりーです。

前回は、K病院からI病院に移ったら全然痛くなくなった、という話を書きました。

病院によってこうも違うんですね。

スポンサーリンク

最後の手術

きょうはI病院での2回目の手術の話です。

これが、最後の手術となりました。

麻酔があまり効かない体に

このときぼくの体は、以前入院していたK病院での、たび重なる手術のために、麻酔が効きづらくなっていました。

脊髄に麻酔を打つ

そこで…

脊髄に麻酔注射を打ってもらうことになりました。(これは特別なケースです)

脊髄注射のやり方

脊髄に針を刺す…。

聞いただけでもドキドキしますよね。

やり方は、以下のとおりです。(正確には、やられ方ですが)

痛くないけど怖い

まず台に座らされました。

麻酔科の女医さんから、猫背になるように言われました。

きっと背骨の骨と骨のあいだを広げるためだと思います。

そして「動かないように」とあらかじめ注意されて…

背骨にチクッ!

これまでの尾てい骨への注射にくらべると、痛くはありませんでした。

でも怖かったです。だって背骨ですから。

頭を動かさないように

注射のあと「くれぐれも頭を動かさないように」と念を押されました。

ぼくは思わず「はい」と首をたてに振りました。

「だめだめ」とツッコミが入りました。

ぼくと女医さんは笑いました。

頭を動かさないように笑うのは意外と大変でした。

そして完治

最後の手術を終え、I病院での快適な入院生活を経て、ぼくは完治しました。

健康な体に戻れる日が来るなんて、おおげさじゃなく夢のようでした。

嬉しかったです。

神の手

それまで別の病院で何度も手術を繰り返して、長いあいだ激痛に耐えて、それでも全然治らなかったのに、I先生の手にかかるとあっという間に治りました。

ゴッドハンド。

神です。

ブラックジャックです。(しかも良心的な報酬額です。)

感謝の気持ちでいっぱい

じっさいI先生は、日本有数の肛門科医らしくて、全国各地からたくさんの患者さんが集まってきていました。

ぼくはI先生とその優秀なスタッフのみなさんおかげで、健康な体を取り戻すことができました。

ありがとうございます。

何度言っても足りません。

「ありがとうございます」の繰り返しだけでサーバーの容量がいっぱいになっても、まだ足りないくらいです。

これでぼくの痔の話は、おしまい。

最後までおつきあいくださって、ありがとうございました。

PR
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする