Brackets「UTF-8でエンコードされた…」のエラーが出たら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

あーりーです。

超初心者のCSS(スタイルシート)勉強記です。

きょうはテキストエディタの話です。

HTMLやCSS(スタイルシート)をあつかうには、テキストエディタを使います。

ぼくは、HTMLをいじるときは、ウィンドウズのメモ帳を使っています。

じゃあ、CSS(スタイルシート)はどうするか…

スポンサーリンク

Adobe Brackets

CSS(スタイルシート)も、メモ帳でいじって差し支えないとは思うんですが、いま読んでいる『ああしたい、こう変えたいが手にとるようにわかる CSS基礎』という本でおすすめのエディタがあったのでインストールしてみました。

Adobe Bracketsというテキストエディタです。

Adobe Bracketsのダウンロード、インストール手順はこちら

使い方

さっそく起動して、使ってみることにしました。

Bracketsで、HTMLファイルの入ったフォルダを開きます。

手順です。↓

1.Bracketsのメニューにある「ファイル」をクリックします。

2.「フォルダを開く」をクリックします。

3.フォルダを選びます。

4.「フォルダーの選択」をクリックします。

5.Bracketsのサイドメニューに、フォルダ内にあるHTMLファイルの名前がズラーッと一覧になって出てきます。

あとは、一覧から好きなファイル名をクリックすれば、そのソースがメーン画面に表示されるというわけです。

サイドメニューにファイル名が一覧で出ているので、それをクリックするだけです。いちいちファイルを開きなおさなくてもいいんです。

問題発生

でも、実際にファイルを開こうとすると…

ここでひとつ問題が。

すんなりソースが表示されれば良いんですが、うまくいかないことがあります。

エラーが発生することがある

ファイルを開こうとすると、

ファイルを開く際にエラーが発生しました

Bracketsは現在UTF-8でエンコードされたテキストファイルのみをサポートしています。

とエラーが表示されることがあります。

文字コードの問題

文字コードが合わないみたいなんです。

そこで…

いろんな文字コードに対応できるように、以下の操作をします。

文字コードの問題を解決するには

ほかの文字コードにも対応できる拡張機能をつけてあげればOKのようです。

手順はこちら↓

1.Bracketsの「ファイル」をクリックします。

2.「拡張機能マネージャー」をクリックします。

3.検索欄に「shizimily」と入力します。

4.「Shizimily Multi-Encoding for Brackets」という拡張機能が出てきます。

5.「インストール」をクリックします。

6.「インストールは成功しました」と表示されます。

7.「閉じる」をクリックします。

8.一度、Bracketsを閉じます。

9.あらためて起動します。

10.サイドメニューに出ているファイル名をクリックします。もう開けるようになっています。

めでたしめでたし。

PR
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする