セレクタは自分で自由に作れる (超初心者のCSS勉強記)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

先日から、CSS(スタイルシート)をマイペースに勉強しています。

使っている本は、『ああしたい、こう変えたいが手にとるようにわかる CSS基礎』です。

スポンサーリンク

セレクタとは

きのうは、セレクタとは何か?を勉強しました。

セレクタとは。

たとえばこういう記述があったときの…

h1 { font-size: 30px; }

↑赤い部分。

これがセレクタです。

セレクタの役割

スタイルシートの効果を、どのHTMLタグに反映させるか。

それを指定するのが、セレクタです。

スポンサーリンク

セレクタは自分で作れる

きょう、本のつづきを勉強していて、衝撃を受けました。

セクレタは自分で好き勝手につくれるんだそうです。

なにそれどういうこと面白そうもっとくわしく!

と前のめりになりました。

どうやら、既存のHTMLタグ以外にも、オリジナルのセレクタが作れるらしいんです。

classセレクタやIDセレクタ

オリジナルのセレクタのことを…

class(クラス)セレクタとか、ID(アイディー)セレクタというようです。

む?

class?

これは以前、HTMLの記述で見かけて「意味わからん!」と放置していたものです。

詳しくはこちら

そうか、あれはスタイルシートのオリジナルのセレクタだったんですね。

どうりで、意味がわからないはずです。

オリジナルのセレクタ。

なんだか面白そうです。

わくわく。

この先の勉強が楽しみです。

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ