ファッションの流行色は2年前に決められている(ハナタカ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

3月27日放送の『日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ優越館 2時間スペシャル』で、流行色のことをやっていました。

スポンサーリンク

2年も前に決められている

流行色は、自然発生的に生まれるのではなく、あらかじめ関係者たちが決める…

という話は、よく聞きます。

なんとそれは、2年も前に決められているんだそうです。

準備期間が必要

なぜ2年も前に決めるのか?

それは…

流行色を取り入れた服を世に出すためには、ある程度の準備期間が必要だから、

だそうです。

スポンサーリンク

商品を完成させるまでの時間

ファッション業界では…

色を決めてから糸や素材をあつめて、そこから商品を完成させます。

それには2年くらいの期間が必要らしいです。

流行にあわせて服をつくると間に合わない

自然発生的に流行った色をとりいれてから作りはじめると…

商品が完成したころには、流行はすぎている、

なんてことになります。

そうならないように、2年も前に決めているんですね。

業界が活性化

こうやってあらかじめ流行色を決めておくことで、ファッション業界がスムーズに盛り上がるようになっているみたいです。

国際流行色委員会が決めている

じゃあ、だれが決めているのか?

「国際流行色委員会」だそうです。

ここで方向性が決まった色を、それぞれの国に持ち帰って、国民性やマーケットの状態をふまえて微調整されます。

2年後の流行色は?

ところで。

2年後の流行色は何なんでしょうね。

もう決まっているのかな。

あ。

ぼくは今年の流行色にも興味がないのに…

ましてや、2年後の流行色には、もっと興味がなかったです。

おしまい。

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ