北条早雲が主人公の小説「箱根の坂」の感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

史上初の戦国武将といわれる北条早雲が主人公の歴史小説です。

新装版 箱根の坂(上) (講談社文庫)

戦国時代。

と呼ばれる時代がありました。

当時の人々が「ハイ、今日から戦国時代!」と意識していたわけじゃありません。

スポンサーリンク

いつの間にか戦国時代

当時の人々からすると…

「いつの間にかそういう時代になっていた」

っていう感覚なんじゃないでしょうか。

いつの間にか戦国武将

同じように、史上初の戦国武将といわれる北条早雲も…

「ハイ、おれ今日から戦国武将!」と意識していたわけじゃないと思うんです。

でも、ぼくらは北条早雲が戦国武将になることを知っています。

知りながら、小説を読んでいます。

だから…

どう覚醒するか楽しみ

馬の鞍づくりに明け暮れ、「毒にも薬にもならぬ人間」とされながら、ひっそり生涯を終えることを望んでいた男が、どんなふうに戦国武将として覚醒していくのか、それが楽しみなんです。

戦国時代のはじまり

室町時代。

有力者のもめ事がありました。

応仁の乱です。

それがキッカケで世の中が乱れに乱れ、戦国時代がはじまりました。

戦国時代はそれから100年くらいつづき、たくさんの有名な戦国武将がつぎつぎと生まれました。

応仁の乱

北条早雲は、応仁の乱で荒れる京都を見ています。

戦国時代を、はじめから見ているんです。

武田信玄も織田信長も豊臣秀吉も徳川家康も、生まれたころはすでに戦国時代 でした。

早雲は戦国時代がまだ始まっていない頃に生まれて、戦国時代のはじまりを見て、自分自身が史上最初の戦国武将になりました。

戦国武将としての目覚め

鞍をつくる職人だった北条早雲が、ひょんなこと(?)から時代の激動に身を投じて、ゼロから身を起こします。

まずひとつ拠点となる城を手に入れて…

そのあと、あの小田原城を攻略します。

北条氏の基盤をきずく

小田原城っていうのは、なかなか攻略できないことで有名な城です。

それを攻略します。

そして…

戦国時代の関東を支配する「北条氏」の基盤を築きます。

下剋上

戦国時代の魅力は、下剋上であったり、成り上がりであったり、刻々と変わる状況に真剣に向き合っていく姿であったりします。

北条早雲はまさにそういう人物です。

しっとり

小説の雰囲気は、しっとりしています。落ち着いて読む大人の小説といいますか。

音楽でたとえると、クラシックのような感触です。

読んだ当時20代だったぼくには、それが物足りなくもありました。

あの頃のぼくは、『新史太閤記』のようなポップミュージックを求めていたんです。

しずかな魅力

でも言い換えると、この小説には静かな魅力があります。

しかもそれが司馬遼太郎さんの筆によるものであれば、安心して身を任せられます。

深い歴史の霧の中に、白くしずかに沈んでいくような…

そんな味わいです。

新装版 箱根の坂(上) (講談社文庫)
新装版 箱根の坂(中) (講談社文庫)
新装版 箱根の坂(下) (講談社文庫)

PR
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする