「蘇湖(そこ)熟すれば天下足る」の意味

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ちょっとマニアックなタイトルだけど、検索して来てくれる方がいたら嬉しいなぁ…

という記事です。

中国の言葉です。世界史で出てきます。

スポンサーリンク

蘇湖(そこ)熟すれば天下足る

意味は…

「いまや長江の下流域が中国の農業を支えている」といった感じです。

蘇湖(そこ)とは

地名です。

蘇(そ)とは蘇州のこと。

湖(こ)とは湖州のことです。

長江の下流域あたりを指して、蘇湖(そこ)と呼ぶそうです。

スポンサーリンク

天下足る

蘇湖(そこ)の地域が豊作になれば、天下に十分食べ物が行きわたる。

という意味で「天下足る」と言っています。

宋の時代

宋の時代の中期頃から、蘇湖(そこ)の稲作が中国農業の中心となりました。

「蘇湖(そこ)熟すれば天下足る」は、それをあらわす言葉です。

「蘇湖」のかわりに「江せつ」という言い方もします。

以上。「蘇湖(そこ)熟すれば天下足る」の意味でした。

中国の歴史に関する本はこちら♪

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ