アレクサンドロス大王(16) テュロス攻略戦

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アレクサンドロス大王のことを、ゆるゆると書いています。

「大王」というと、ひげモジャモジャのおじさんを想像するかも知れません。

でもアレクサンドロス大王がこの遠征に出発したのは20代です。

おじさんじゃなくて、青年を想像してお読みください。

(前回のエピソード、家庭教師を助けた話はこちらです。)

スポンサーリンク

占い師

あるとき。

アレクサンドロス大王は、テュロスという都市を攻めました。

これがなかなか攻略できず、アレクサンドロス大王はてこずりました。

そんなとき、占い師が予言をしました。

無謀な予言

その予言の内容とは…

「テュロスは今月中に攻略できる!」

というものでした。

grtking36

笑いものにされる占い師

占いを聞いて、みんなは笑いました。

なぜなら…

その日が、その月の最終日だったからです。

占い師も内心、「やってしまった…」と思ったに違いありません。

アレクサンドロス大王は、そんな占い師を見て、かわいそうになりました。

grtking37

占い師をかばう

アレクサンドロス大王は占い師の顔を立てるため、言いました。

「よし、やろう!」

grtking38

テュロス攻略

アレクサンドロス大王は猛攻撃を開始しました。

そして…

なんと本当にその月のうちにテュロスのまちを攻略しました。

占い師の無謀な予言を現実のものにしたんです。

アレクサンドロス大王は、敵のことは容赦なく攻め立てるけど、味方(または降伏したもの)に対しては情が厚いっていう面があります。

このときも、占い師が困っているのを見て、助けたくなったんですね。

つづく。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする