だし巻き卵はダシではなく水で作る(ソレダメ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

3月9日放送の『ソレダメ』で、だし巻き卵の美味しい作り方が紹介されていました。

だし巻き卵を作るとき、ダシを入れちゃダメなんだそうです。

ダメというか…

ダシを入れるよりも、もっと美味しくなる方法がある、という話です。

スポンサーリンク

ミシュラン2つ星のワザ

これは、ミシュラン2つ星の名店「分とく山」の作り方です。

では、どんな作り方かというと…

ダシではなく水を入れる

なんと!

ダシのかわりに水を入れるんです。

水を入れると、薄くなりそうな気がしますよね。

でも、大丈夫なんです。

水のほうが美味しくなる

まず、ダシを入れない理由ですが…

ダシを入れると、味が強くなりすぎてしまって、卵の味が消えてしまうそうです。

水を加えると…

卵本来の味を引き出すことができるといいます。

風味豊かな美味しいだし巻き卵ができあがります。

隠し味は「お麩」

さらに…。

名店「分とく山」では、おろし金ですりおろしたお麩を卵に入れます。

隠し味です。

お麩の分量は、大さじ1杯です。

ふんわり、もっちり

お麩を卵に入れてとくことで、ふんわり、もっちりとした食感になります。

味付けは、砂糖としょう油のみだそうです。

まとめ

より美味しいだし巻き卵をつくるワザは、

  • ダシではなく水を入れる
  • すりおろしたお麩を入れる
  • 味付けは砂糖としょう油のみ

でした。

衝撃

「たまご料理は奥が深い」

「たまご料理がちゃんとできるようになってはじめて一人前」

という話を、料理のド素人のぼくでも、どこかで聞いたことがあります。

だし巻き卵にダシを入れないなんて、まさに奥の深さを感じさせてくれるワザですね。

チキンカレーにチキンを入れないとか、ポテトサラダにポテトを入れない、と言われるくらいの衝撃です。

ここまで意表をつかれると、気持ちいいですね。

PR
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする