まんがで読破「ドグラ・マグラ」の感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あーりーです。

『まんがで読破 ドグラ・マグラ』。

グロテスクで、ほんの少し幻想的なストーリーです。

夢野久作の小説をマンガ化したものです。

読むと発狂する本として有名なんだそうです。

怖い…。

ドグラ・マグラ (まんがで読破)
ドグラ・マグラ (まんがで読破)

もともとは小説です。

ぼくが読んだのはマンガでした。

そのおかげか、発狂はしませんでした。

あるいは…

すでに発狂していて、自分でそうだとは気付いていないのかも知れません。

なんてね。

スポンサーリンク

精神科学

精神科学にまつわる怪事件のはなしです。

細胞の一つ一つに、先祖からの記憶が宿っている…

という考えを軸にした謎解きです。

百手先まである

読み始めてすぐに「ははーん、これはこういうことだな」と先が読めました。

読みは当たりました。でも、足りませんでした。

本当は百手先まであるのに、ぼくは三手先を読んで「ははーん」なんて思っていました。

読んでいるときの感覚

読んでいる途中は、のどの奥や脳の中をミミズが這っているような気分になりました。

読み進むにつれて、ねっとりとしたものが肺に溜まっていくようで、だんだん読むのがつらくなってきました。

事実が解明されるスピード感

それでも終盤は、つぎつぎと事実が明らかになっていくスピード感に救われて、ページをめくることができました。

めまい

たたみ掛けるようなタネ明かし。衝撃的な真相の連続に、脳が揺さぶられました。

読後感を一言であらわすと、めまい、です。

読んで良かった。おもしろい話でした。

手に取るのをためらう

もう一度読みたいか?と聞かれれば、間違いなく読みたい。

でも…

手に取るのをためらいます。

いま本棚にこの本があります。

『ドグラ・マグラ』と書かれた背表紙が見えます。

なんということはない『ドグラ・マグラ』の文字が、まがまがしく見えます。

大事なものを失ってしまいそうな怖さ

もう一度読みたいと思っているはずなのに、手に取れない。

読むと、大事なものを失ってしまいそうな怖さがあるんです。

大事なものって何なのかわかりませんが、なんとなく、そういう不穏さがある。

だから、いつも背表紙を見るだけで、結局触れることなく終わります。

『ドグラ・マグラ』にふれないことで、平穏な日常が守れている。

そんな錯覚さえ芽生えます。

小説

マンガでこの読後感をかもし出すんですから、きっと小説のほうはよほどすごい迫力なんでしょうね。

体調や心の調子のいいときに読まないと、本に飲みこまれてバランスを崩してしまいそうです。

ドグラ・マグラ (まんがで読破)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする