贈答品に不可欠な2つの要素(林先生が驚く初耳学)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

3月6日放送の『林先生が驚く初耳学』で贈答品についてやっていました。

贈答品のルーツは神様への供物だそうです。

贈答品は単なるモノのやり取りではなく心を形にあらわしたもの。

そんな贈答品には、2つの欠かせない要素があるといいます。

スポンサーリンク

1.水引の結び

これは相手への心遣いの表れなんだそうです。古くは、神様へのお供え物を束ねたひもとして使われた結び。これが相手を敬う心として発展したんですね。

2.白い包み紙

日本の贈り物は必ず白い紙で包まれています。これは外界のけがれから贈り物を守る意味があるそうです。

スポンサーリンク

感想

水引と白い包み紙。これが贈答品の2大要素だったんですね。うん。言われてみればそうですね。

しかもちゃんと意味がある。由来がある。

そういうところまでさかのぼって知ると、印象に残って忘れないですね。

この2つをわかってないと、相手に不快な思いをさせてしまうかも知れませんね。

でも…

時が流れて、みんながみんなこの意味を忘れてしまったら、逆にだれも不快な思いをしなくなるのかも。

なんて思ったりして。

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ