牡蠣の旬が4月である理由(林先生が驚く初耳学)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

3月6日放送の『林先生が驚く初耳学』で牡蠣の旬についてやっていました。

牡蠣が一番おいしい時期はいつか?っていう話です。

ぼくは牡蠣であたったことがあるんですけど、それでもやっぱりおいしい牡蠣と聞くと、食べたくなります。

スポンサーリンク

カキの旬は春

一般的には牡蠣の旬は冬だと思われがちです。

牡蠣鍋とか食べますもんね。

じつは違うんだそうです。牡蠣の旬は春なんだそうです。

その理由

牡蠣は産卵のために栄養をため込んで、産卵すると栄養がスカスカになるそうです。

5月の産卵で旨味が激減

牡蠣の旨味成分であるアミノ酸やグリコーゲンは5月の産卵を境に激減します。

だから、その直前の時期が旨味成分もいっぱいあっておいしいんですね。

Rの付かない月

「Rの付かない月に牡蠣は食べるな」という言葉があるそうです。

英語にしたときにRが付かない月というと…

5月、6月、7月、8月です。

4月が一番おいしい

Rの付く月の一番最後が4月です。

この4月がもっとも旨味がのってて食べごろっていうわけですね。

ちなみに…

岩ガキっていう牡蠣は産卵が8月なので、6月とか7月にもおいしく食べられるそうです。

おいしいとこ取り

牡蠣が栄養をため込んでため込んで「よし産卵だ!」と思ったところで、ぼくらがおいしくいただく…。

文字通り、おいしいとこ取りですね。

ぼくは何でもおいしくいただけるので、旬とかあまり気にしないんですけど、でも、大事に味わいます。

牡蠣に限らず、ほかのいろんなものもそうですよね。命をいただいてます。

あしたから、「いただきます」にもうちょっと心を込めてみようかな、って思いました。