「早わかりコミック三国志」の感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

てっとり早く三国志のおおまかな流れがわかるマンガです。

早わかりコミック三国志 (上) (知的生きかた文庫)

上・中・下の3巻シリーズです。

スポンサーリンク

三国志に興味はあるけれど

三国志に興味を持ち始めた頃の悩みは…

「興味はあるけれど、長すぎて全貌がよくわからない」

でした。

横山光輝の三国志

幼稚園か、小学校低学年の頃。

横山光輝さんのマンガ『三国志』に挑戦しました。

でも、たしか4巻くらいで買うのを止めてそのままになっていました。

4巻といえば、呂布が義父の丁原を切った頃です。

三国志。まだまだ始まったばかりです。

人形劇・三国志

そのあとしばらくして…

NHKで三国志の人形劇が放送されました。

「よし。今度こそ三国志の全貌をつかむぞ!」と意気込みました。

ところが。

当時大学生だったぼくは、三国志を見るためにわざわざ決められた時間にアパートに帰るようなことはせず…。

結局これも虫食い状態でところどころを見ただけになりました。

早わかりコミック

そんなぼくに救世主があらわれました。

『早わかりコミック三国志』です。

ぼくが三国志のだいたいの流れを最初に知ったのは、この本によってです。

今思えば、内容はかなり省略されています。当然です。

それに、なんかちょっと面白いんです。

なんて言えばいいのかな。登場人物たちはマジメに演じてる(?)んですけど、そのマジメっぷりがどこかハズれてて、和んでしまうというか。

マジメなシーンもどことなくユーモラスに見えてしまう。そういう魅力があるマンガでした。

早わかりコミック三国志 (上) (知的生きかた文庫)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする