MRI検査が狭くて怖いときはこの作戦

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MRI検査をやってきました。

みんなで順番に「あー!」と叫ぶ夢をみて、ぼくの番が来たときに目が覚めました。

機械の中で叫ばなくて良かった。

検査はぶじおわりました。

40分ほどかかりました。

先日、MRI検査が怖いからゴミ箱をかぶって練習してみた、という記事を書きました。

でも、心配していたほど怖くありませんでした。

というか、全然まったく怖くありませんでした。

スポンサーリンク

怖くならないための作戦

怖くならないために、2つの作戦を立てました。

作戦1 ずっと目を閉じている

作戦2 ちょっと寝不足で行く

これでMRI検査はクリアできました。

検査のあいだ中、ずっとウトウトしたり、機械音を数えたりしていました。

オープン型

ぼくが入った機械はオープン型だったようです。

オープン型は従来のタイプに比べて解放感があるので、あまり怖くないといいます。

目を閉じればどっちも同じ

でも正直、ぼくにはどっちでも関係ありませんでした。

だって、ずっと目を閉じていたから。

オープンでもクローズでも、どっちでも同じなんです。

ずっと目を閉じていたから、オープン型の機械がどんなふうに動くのか、自分の体の周りで何が起きていたのか、まったくわかりません(笑)

とにかく、無事にMRIが終わって良かったです。

だいじょうぶ

MRIが狭くて怖いという方がいましたら、ちょっと寝不足で行くことと、ひたすらずっと目を閉じていることを気をつければ、痛くもかゆくもありません。寝てるだけで楽チンですよ。

大丈夫です。

みなさんの検査が、なんなく終わりますように。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする