「ヘッセ詩集」 いま読み返したい外国の詩 第1位

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ぼくは20歳前後のころ、外国文学を読むのが好きでした。

とくに好きだったのが、新潮文庫です。

ぼくの中で、外国文学といえば新潮文庫なんです。

これは、そのときに読んだ一冊です。

ヘッセ詩集 (新潮文庫)

ヘッセの詩集です。

カバーデザインは変わってますが、あの当時も水色のカバーでした。

ぼくの中ではもうヘッセといえば水色です。

スポンサーリンク

たくさんの詩人たち

あの頃に読んでいた詩集は…

リルケ詩集、バイロン詩集、ランボー詩集、ゲーテ詩集、ハイネ詩集あたりです。

それぞれに魅力がありました。

それぞれの詩集の印象を、ぼくの独断と偏見でのべると…

バイロン詩集は情熱的だけど甘くうっとりな感じ。

ランボー詩集は天才の強烈な稲妻。

ゲーテ詩集は知性と情緒。

リルケ詩集とハイネ詩集は…

すいません、あまり印象に残っていません。ぼくのコンディションが悪かったのか、パッと頭に入ってこなかったイメージがあります(汗)

いま読み返したいのはヘッセ

そんな中…

いま読み返したい詩集としてまっさきに浮かぶのがこれ。ヘッセ詩集です。

ヘッセ詩集は、繊細な歌声を聴くような感動があります。

文字を通して詩の音色が聞こえてきます。

ヘッセの詩の一つ一つの言葉は忘れてしまっていても、あの詩の感覚は、心がちゃんと覚えているんです。

その感覚は、ぼくが何かを見たり、聞いたり、感じたりしたときに、ふと甦ります。かすかな香りで、なつかしい感覚を思い出すように。

というわけで…

いま読み返したい外国の詩、第1位はヘッセでした。(←急にランキング形式)

おしまい。

ぼくが好きな「ヘッセ詩集」のフレーズ

ヘッセ詩集 (新潮文庫)

PR

ブログランキング ブログ村に参加しました! よろしければ応援クリックお願いいたします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

ブログランキング・にほんブログ村へ

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

スポンサーリンク