「三国志英雄列伝」の感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

三国志のおもな武将80人を紹介した本です。空港の待ち時間に出会いました。

三国志英雄列伝 (リイド文庫)

スポンサーリンク

持ち運びが便利

三国志は登場人物の多い物語です。

だから、三国志の人物伝はどうしても厚くなりがちです。

ところが…

この本は80人を厳選してますので薄いです。

持ち運びが便利です。ぼくはこの本を飛行機の待ち時間に買って読みました。

どことなく温かい

筆者はきっと、三国志がすごく好きなんだろうな~と思います。

文字を読みながら筆者の肉声を聞いているようで、どことなく温かいです。

おもしろい分類

三国志の武将たちの分類は、ふつう「魏」、「呉」、「蜀」と、勢力別になっていることが多いです。

でもこの本はちがいます。

「君主」、「智将」、「猛将」という分類なんです。

勢力別の分類に慣れていると、ちょっと探しづらかったりするんですが(笑)

でもこういう分けかたも一風変わってておもしろいですね。

君主ざんまい、智将ざんまい、猛将ざんまいな読み方ができます。

三国志英雄列伝 (リイド文庫)

PR
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする