「マンガ落語大全 笑う門には福きたる」の感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

落語をマンガで楽しめる本です。落語の数は22作品もあります。

マンガ落語大全 笑う門には福きたる (講談社+α文庫)

落語もおもしろいんですけど、ところどころに挿入されている小噺も好きです。

たとえば…

男が石につまずいて転んだ。

起きて二~三歩くと、また石につまずいて転んだ。

「クソ! いまいましい。こうとわかっていれば、さっき起きるんじゃなかった」

とか。

あとは、

「死んだら、石の棺にするかね、木の棺にするかね」

「うーん。長もちなら石がよいが、健康を考えたら木だろうな」

とか。

そのほかにも、

酔っ払った町人が「侍などクソとも思わぬ!」といったので、侍がおこると、

止めに入った者が、

かんべんしてやってください。

これからは侍をくそと思うようにします。

とか。

あげるとキリがないですが、

こんなふうに、短くてクスッと笑える小噺がぜんぶで31個も載っています。

これを言っちゃうとアレかもしれないですけど、ぼくにとっては本編のマンガよりも、こっちの小噺のほうが面白くてついついかぶりついてしまいます。

たとえばカッコいいダンスを見ていると、予想できないような動きに魅了されることってありますよね。

あれと似ていて…

小噺の展開も、「ここでそう来る!?」っていう驚き(という名のよろこび)があります。

マンガ落語大全 笑う門には福きたる (講談社+α文庫)

PR
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク